.

私は子育て真っ最中の、アラサーの専業主婦です。

子供中心の生活で自分のことは後回しの生活が続き、ついついメイクの勉強もしなくなり薄化粧で適当に済ませていたら、久しぶりにまじまじと自分の顔を見て、その老けっぷりにびっくりしてしまいました。

「子供が幼稚園に入学するまでには、マシな顔になっておかないと」と一念発起し、メイクブックを購入。

勉強して感じたことは、アラサーだからこそ「童顔メイク」での若返りが有効なんだなということでした。

歳をとると、顔は縦に伸び、若々しさが無くなります。

それをカバーするために目じりを少しオーバーライン気味にメイクして、離れ目に見せることで顔がふっくら見えるのです。

前髪も、重くならない程度に垂らして小顔に見せます。

さらにチークを頬骨ではなく顔の正面に入れて、わざとほっそり見えないようにします。

あとは、若ぶった大粒のラメは使用せず、細かなパールのシャドウで涙袋とまぶたを仕上げ。

これで疲れた感じがかなり緩和されました。

昔のメイクのままで「老けた」と感じている方は、思い切ってメイクを変えてみると、新しい自分になれるかもしれませんよ。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.customsupportsolutions.net All Rights Reserved.