.

新聞の宣伝、ゴシップ新聞、街中に見られるチラシやダイレクトメールで「多重債務の合理化します」「債務を一括化しませんか」という内容の売り言葉を見かけることがしばしばです。79-2-129

それらは、「整理業者」「買取業」「紹介業者」と呼ばれている悪徳会社のおとり広告のときもあるのです。79-19-129

それらを使った場合は破産の中で一番大切な免責承認を得られない危険性があります。79-5-129

「片付け屋」とはダイレクトメールなどで借金のある人をおびきよせ、法外な依頼料を受け取って負債整理を行うのですが、本当は借金整頓はなされず、借金者はより一層の借金スパイラルにはまってしまう失敗がほとんどと予想されます。79-1-129

「買取専門人」は、負債者のクレジットカードで、家電製品、飛行機のチケットなどを山ほど買い入れさせて、負債人からそれらの品を売値の3割から額面半値で引き取るというやり方です。79-8-129

債務人は小金が増えますがそのうちクレジット業者からの購入物の全額の支払いが届くことになり、本当は負債を増大させることになってしまいます。79-4-129

この場合はクレジットカード業者への犯罪行為とされて免責許可を受けられなくなります。79-20-129

「紹介業者」では、大企業のサラ金から拒絶されるようになった負債者に、融通はせずに、融資をする別の同業者を紹介して、高い紹介料をもらう企業です。79-6-129

つなぎ業者は高度な手続きで融通可能となったという口調でしゃべりますが、本当のところは何もしないまま、単に選考の甘いルートを知っているというだけなのです。79-9-129

このケースだと借金額をアップさせるだけです。79-7-129

Copyright (c) 2000 www.customsupportsolutions.net All Rights Reserved.