.

外為取引には取引所取引という取引があります。

平常のFX業者と商業取引を実施する行為を「店頭取引」と言うのですが、この取引においては取引所を通さないで取引のペアは外国為替証拠金取引(FX)会社になります。

「取引所取引」という取引所は外為取引(FX)企業は仲だちであるので、率直の売買相手は取引所という訳になっています。

その相違をここで比べてみましょう。

「店頭取引」の時は預金してあるお金は外為(FX)業者に統括されているのです。

「取引所取引」の折、資金は全ての額取引所に預金しなければならないと義務づけられています。

外為企業がダウンするといった経験が例えあったとしても、取引所取引は取引所によって資金は総額保護してもらえることになります。

前者のケースはFX業者がコントロールしているから、状態により業者倒産の跳ね返りをに遭い預け入れていたお金はガードされずなのかもしれないです。

加えて税金面から言っても両者については内容に違いが存在します。

「店頭取引」では、為替差益やスワップ金利などを雑所得として労賃と累計で申告しなければなりません。

確定申告しなくても大丈夫なケースもある様ですので自己に適合するかどうか確かめるようにしていただきたいです。

万が一あなたがビジネスマンで年収2000万円以下、給与の所得の範囲を超えた稼ぎが二十万円以下(複数の企業から賃金所得はなし)という条件を満たしている状態でいるということであれば例外という訳で確定申告は必要ありません。

FXの収益が二十万円以上場面は確定申告するようにして下さい。

税金の率は実入りに即して5から40%の6つの段階に分割されており所得が高いようであればtaxも上がります。

「取引所取引」では、利潤があるのであればそれ以外の収益とは別として「申告分離課税」の対象となります。

税金の率はすべて20%となるんですが、もし損失が決定したのであれば「取引所取引」の利益として赤字分を次年以降に繰越することが可能です。

上記から見ても、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも安価なタックスになる場合もありますので比べてみた方が良いと考えます。

ひときわ新参者の方は、JASDAQ株価の動きや円高に日々注目して、収益や損失に手に汗にぎる事で、税金を払うという事実を忘れて放置になってしまうこともあるので要注意です。

マイナス分は困ってしまいますが、稼ぎが多くなれば税金も金額が値上がりするので気を配るのと意識が大切でしょう。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.customsupportsolutions.net All Rights Reserved.